美白化粧品人気ランキング

レーザー治療より美白化粧品

しみそばかすを消す方法としてはいろいろありますが、そのひとつとしてレーザー治療があります。ですが、場合によっては、レーザー照射時のエネルギーによって色素沈着を起こすことがあります。レーザー治療の種類にもよりますけど、ハイドロキノンはそれら色素沈着に対しても効果を発揮するんです。

 

レーザー治療の代表格と言えば、「YAGレーザー治療」です。この治療法は、主にシミ、ほくろの治療において使用されています。メラニン色素に反応するYAGレーザーで照射する方法なんです。最近では、なるべく照射時間を短くして皮膚へのダメージを抑える手法が多く取り入れられているようですけど、それでも色素沈着を起こす可能性がなくなったわけではないのです。

 

 

次に、「フラクショナルレーザ治療」です。この手法は、レーザによって皮膚に穴を開けて皮膚の治癒力によって細胞の再生を促す事によって、
新しい皮膚との入れ替えを行うという手法です。この他にも、スムースビームレーザー治療などいろいろな手法があります。

 

ですが、どんな手法を使っても色素沈着の危険性はあります。その時に、ハイドロキノンが有効なんですよね。そもそも、粘り強くハイドロキノンを使用しておけば、シミなんて出来なかったのにという事になりかねないですけどね。

 

そのハイドロキノンを配合した美白化粧品の中でもおすすめなのが、ビーグレンという化粧品ですね。ビーグレンは、皮膚浸透テクノロジーを使用する事でナノレベルの微粒子でカプセル化した有効成分が、一般の化粧品と比べて約3倍の浸透力を実現しているのだそうです。

 


美白化粧品の成分について

ハイドロキノンという成分は、肌の漂白剤なんていわれている美白にとっても有効な成分として知られています。ものすごい効果があるのですが、つい最近まで、一部の皮膚科で処方してもらうしか入手方法はなかったみたいです。

 

今でこそ、ハイドロキノン配合の化粧品などが販売されるようになってきていますけどね。。ですが、よりハイドロキノンの効果を感じる事が出来るのは、皮膚科で処方してもらう方がいいかもしれないですね。

 

なぜかというと、、市販されているハイドロキノン商品の含有濃度は低いのです。その為、効果的なシミ治療が望めないなんて話を聞きます。ちなみに、市販の化粧品は、ハイドロキノンが5%以下のものが中心なんだそうですね。5%以上のものは医薬品扱いになります。それ以下だと、医薬部外品となりますんで、化粧品として販売しやすいのです。

 

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうと含有濃度を自分の肌に合うように調合してもらえるのだそうですよ。それに、皮膚科で処方しもらうと処方した皮膚科医が判断して、使用の中止、続行などを判断してくれますので。安心という面では、全然違うと思います。

 

実際、ハイドロキノン経験者の体験談の話では、市販の美白化粧品よりも、皮膚科処方のクリームの方がよかったなんていう人もいるそうなので。皮膚科に通う面倒くささというのはありますけどね。

 

 

そこで、皮膚科に通わなくても、有効な効果を感じる事が出来るのが、ピーグレンという化粧品です。この商品は、有効成分を肌の奥まで浸透させるので、従来の化粧品と比較しても、3倍近くの効果を得る事が出来ると言います。


美白化粧品を正しく使用する

肌を白くするという成分で有名なハイドロキノンですけど、実は、非常に不安定な物質なんです。酸化すると有刺激性成分に変化してしまうのです。そのため、ハイドロキノンの性質をしっかりと理解した上で、正しく使用する必要があるんです。単に、肌に塗ればいいというわけではないのですよね。

 

基本的な対策としては、購入した商品の説明書をよく読んで、記載されている使い方を守れば、トラブルを引き起こす事はないと思うのですけど、それでも、使用前は洗顔して肌を清潔にするようにしてくださいね。それは大前提になってきます。また、塗布後は低刺激の化粧水でしっかり保湿してください。

 

また「美白」成分という事で、肌全体に塗ってしまう人がいますけど、それもNGです。あくまでも、シミやそばかす、くすみなどの気になる部分にだけ綿棒などで塗るのもポイントです。余計な刺激を与える事がありません。

 

また、紫外線対策を万全にしましょう。ハイドロキノンは、紫外線や熱、酸素の影響を受けると酸化してしまい、刺激性のある成分に変化してしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなるんです。その為、ハイドロキノンを使用するときは、日中ではなくて夜に使用した方がいいですね。まぁ日中も使用した方がさらにシミを防ぐ事が出来るとは思いますけどね。

 

 

その時の対策として、SPF値の高い日焼け止めを塗り、帽子をかぶるなどして、直接紫外線に当たることがないようにしてください。面倒ですし、真夏でもないと行いたくない対応ですが、シミを消すためには我慢してください。

 

そこでお勧めの商品がピーグレンですね。ビーグレンという商品は、美白へのこだわりは当然として、肌への浸透性を高める独自技術を導入していますので、従来の化粧品を大きく上回る浸透力を実現しています。


手のシミにも美白化粧品を

しみそばかすが出来やすいところというと、顔などを思い浮かべると思いますけど以外にシミが出来やすいのが腕、手なんです。手については、特に手の甲ですね。この部分は、ニキビや吹き出物というのは出来にくいといわれているのですけど、日常生活で紫外線の影響を受けやすいことから、シミができてしまうことがあります。

 

このようなシミに効果的なのがハイドロキノンという成分なんです。美白成分として名高いですからね。ですが、注意が必要なんです。体を漂白すると言われている程の成分であるハイドロキノンですが、腕や手の甲の皮膚は、他の部位と比べて肌の再生が遅いといわれているんです。

 

特に、手については家事などを行うので、どうしても塗った成分が失われやすいという事もあって、ハイドロキノンによるシミ取りの効果が得られないなんていう話をききます。

 

 

そこで、腕、手については、皮膚科にいってハイドロキノンよりもレーザー治療の方が適しているとなんて事が言われています。実際、メラニン色素に反応するYAGレーザーで照射する方法をはじめとして、いろいろな方法がありますからね。ただし、レーザー治療後に、レーザー照射時のエネルギーによって色素沈着を起こす可能性がありますので注意が必要です。それに、皮膚科に行ってレーザ治療なんてね。。そこまで、するって感じですよね??

 

そこで、有効な化粧品としてピーグレンをお勧めします。今や、ハイドロキノン配合の化粧品の第一人者的な感じですし、家事などが気になるのであれば、夜を中心にピーグレンを塗る感じでいいと思いますけどね。長期間になるかもですが、効果は徐々に出てくると思います。


ニキビ跡と美白化粧品について

最近、大人にきびに悩んでいる人が増えてます。それに伴ってニキビケアの商品が爆発的に売れていると言いますし。ニキビと言えば、思春期のニキビが有名ですが、大人ニキビも厄介です。

 

ちなみに、皮膚にニキビができると、その炎症を鎮めるために、活性酸素が大量に発生します。それがメラニン色素を過剰に発生させて、結果としてシミなどを生み出すわけです。本来は、時間の経過とともに、ターンオーバーによって薄くなっていくものですが、新陳代謝が低下している人は、そのまま跡になって残ってしまい、色素沈着が長引いてしまうことがあるのだそうです。

 

こういったニキビ跡が原因のシミなどは、皮膚の浅い層に出来ていると言う特徴とあるので、ハイドロキノンが特に有効的といわれているんです。ただ、ハイドロキノンはにきびが炎症している時には使用しないほうがいいです。あくまでも、ニキビの炎症が治まってからにしてください。治療法としては、洗顔後ニキビ跡にできたシミ部分に薄くハイドロキノンを塗るという単純なものです。ハイドロキノンは、酸化しやすいので、出来れば安定型ハイドロキノンを使用するといいと思います。

 

 

その塗るべきハイドロキノンですが、ビーグレンがおすすめです。なんといっても国際特許のテクノロジーを使用していますので。肌に対する浸透力が違うのです。塗布した分だけ浸透するため、即効性が非常に高いという特徴があって、内側からしっかりシミやくすみなどの肌トラブルを解消してくれるので安心なんです。

 

 

link